FC2ブログ
整備体制
2007-11-14 Wed 15:51
 
ESIとKTS 


当社はボッシュ製自動車部品、用品提供はもとよりお車のトータルでの
診断整備が出来ます。
ボッシュから提供された技術情報によりトレーニングを受けたスペシャリストがお客様のお車に迅速かつ適切な自動車整備を行っております。


最新鋭車種は、あらゆる制御機構がエレクトロニクスに置き換えられ、
車はめざましい進歩をつづけています。
近年特に高性能輸入車は、OBD(オンボード診断)によるコンピューター
診断が常識。
従来の経験やカンに頼るスキルだけでは整備はおろか、点検すらできない
状況になるのも珍しくありません。
最近のハイクラス車種は少なくとも60以上の電子制御ユニットを搭載し、
それらが複雑に接続されています。
当然ながら、そのメンテナンスを行う整備工場にも高度な整備機器と
専門知識が必要です。
ボッシュはさまざまな情報と技術力で輸入車メンテナンスをサポートします。


ESI とは

故障診断方法及び診断チャート、スペアパーツカタログ、
リペアインストラクション、テスト基準値、テスト方法、
システム診断図、調整方法、テクニカルデーターを確認でき、
部品交換やサービスインスペクションをリセットすることができます。

また、年4回のアップデートによりワークショップは、最新のデーターを入手することが可能になり多種、多様の電気・電子機器の搭載された現代の車輌の
診断そして修理に必要な最良な最良の資料をワークショップに与えます。



KTS とは

●フォルトコード
車輌にメモリーされているフォルトコードの読み出し、消し込みができます。

●アクチュエータテスト
車輌センサーから表示される実測値をもとに、ECUを通じてテストすることが
できます。

●ソフトウエア(ESI)とのコンビネーション
必要なESIと組み合わせることで、的確な故障診断が可能です。
スポンサーサイト



別窓 | 整備体勢 |
| 自動車のお医者さん Garage宮の森です |